スタッフ

戸田 幸典

たんえん代表理事。大学生時代から人が主体的に関わるコミュニティづくりにこだわって活動。NPO支援、コミュニティ財団、都市計画コンサルなどの中間支援の経験と自治会運営やまちづくりイベントなどのプレイヤー経験を生かして、丹波を拠点に住民主体の地域づくりに取り組む。2020年秋に丹波市(妻の地元)にUターン・4世代で近居。2児(中学生・小学生)の父。休日は丹波や播磨の山へ。丹波市市民プラザ・丹波市市民活動支援センター スタッフ(責任者)、兵庫県地域再生アドバイザー・佐用町地域づくりアドバイザー・姫路市地域コミュニティ活性化アドバイザー・(株)地域計画建築研究所 技術参与 等

一宮 祐輔

たんえん理事。愛媛県松山市出身。大阪の広告制作会社で企業PRに従事、2015年に丹波市に移住。森づくりのNPO法人事務局を経験。現在は、丹波市市民プラザスタッフのほか、水分れ茶屋バリスタ、丹波サイクリング協会事務局長、野生生物調査、高校探求学習支援、謎解き作成など趣味と仕事を区切らず、マルチに活動する。

荒木 伸雄

丹波市生まれの丹波市育ち。お寺の住職として35年間勤める。その間には社会教育指導員やまちづくり指導員として、行政において社会教育や地域づくりに従事する。また、FM805たんばの設立に関わり、「弁護士との悩み相談」「ボウズカフェ」を主宰している。

足立 芽生

丹波市育ち。中学・高校時代に部活動で地域の福祉やイベントのボランティアに参加。この経験がきっかけとなり住民主体のまちづくりを勉強するため大学ではNPOについて学ぶ。学生の頃から丹波市市民プラザの運営に関わり、そのままUターンしたんえんスタッフに。現在は「その人らしい生活ができる地域」を考えるため、医療と地域福祉の橋渡しや地域包括支援について勉強中。

足立 美樹

丹波生まれ丹波育ち。家庭料理でみんなの胃袋をつかむ管理栄養士。医療や福祉の現場から、出産子育てを経て地域づくりへ軸足を移動し、たんえんスタッフに。コミュニティカフェでの経験から子ども食堂を立ち上げ、子どもも大人も楽しく学べる場づくりを仲間と共に試行錯誤中。

玉木 泉見

福井県生まれ福井県育ち。大学で県外へ進学、Uターンで福井に戻り、製造メーカーの生産管理職を8年務める。2021年2月に丹波市に移住し、たんえんスタッフに加わる。生産拠点運営に関わる部門で働いていた経験を活かし、丹波市市民活動支援センターの拠点づくりに取り組む。 移住者を中心とした地域コミュニティでは、イベントスタッフ、コーヒーやスポーツなど趣味の集まりなどに参加し、丹波ライフを満喫中。

土手野 彩華

大阪生まれ大阪育ち。2020年に鳥取県日南町に移住後、2021年4月に丹波市に移住。鳥取県では移住定住に関する仕事を担当。移住して初めて都会とは異なった地域との関わりに衝撃を受け関心を持つようになった。丹波と三田で地域に関わる仕事をし、地域との関わり方を日々勉強中。素直で真面目だが、たまにずれた反応をするのはご愛嬌。

蔦木 伸一郎

社会教育士。山梨県生まれ。資源リサイクルの法人営業、都市と農村をつなぐNPO活動、図書館と生涯学習施設の新設・運営等を経験。民間企業・非営利組織・行政での経験を活かし、学びを通じた人づくり、つながりづくり、地域づくりに取り組んでいる。趣味は図書館巡り。好きなものはマルゲリータと日本ワイン。司書資格を持つ元図書館長・公民館長でもある。

松崎菜香

リモートスタッフ(イラストレーター/デザイナー)。群馬と丹波に拠点を持ち、制作とアートセラピー、表現を使った遊び場づくりなどをしている。